肌タイプと毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみは、どのような肌タイプであるかも大きく関わっています。皮脂分泌が多い脂性肌なのか、水分量が少ない乾燥肌なのかを把握してください。いずれの肌タイプでも毛穴の黒ずみはできます。

皮脂分泌が多い肌というのは、主に10〜20代の女性に多く見られます。ただし、皮脂というものは決して悪者ではなく、肌に皮脂膜を作ってバリアの働きをします。肌にとっては必要なものではありますが、その皮脂の分泌量が過剰になるとトラブルを起こしてしまうのです。

皮脂が分泌されると、通常は毛穴から出てくるのですが、毛穴に残っている古い角質や汚れのために、皮脂が外に出られなくなることがあります。その皮脂が角栓となって毛穴を塞いでいきますが、その毛穴の皮脂分泌量はますます増え、その分泌量は通常の4倍とも言われています。

そのために角栓はどんどん大きくなっていきます。そしてその角栓が刺激となって活性酸素を発生させ、メラニン色素の分泌を促してしまいます。これが皮脂による毛穴の黒ずみの正体です。

30代以上の女性に多い乾燥による毛穴の開き

一方、水分量が少ないためにできる毛穴の黒ずみは、30代以上の女性に多いようです。この年代の女性は、逆に皮脂の分泌量が減って、乾燥に悩まされる人が増えてきます。肌が乾燥したりハリがなくなってくると、たるみが出てきて毛穴が開いてきます。毛穴が開くと影ができて黒ずみのように見えるのです。

このように、全く正反対の肌タイプでも毛穴の黒ずみは生じます。それぞれ原因が違いますので、自分に合ったケアをしなければいけません。