紫外線対策で毛穴の黒ずみ防止

毛穴の黒ずみは、主に毛穴に詰まった皮脂が酸化することが原因です。紫外線を浴びると酸化が進みますし、コラーゲンやエラスチンなどの肌に必要な栄養分の生成が妨げられて皮膚の組織も衰えます。

紫外線対策は夏には一生懸命やりますが、冬になると関心がなくなる人も少なくありません。しかし実際には冬こそ紫外線が強いので、1年を通して必要ということになります。

ただし夏は汗で日焼け止めが流れ落ちることもあります。そのため冬より頻繁に塗り直しが必要です。日焼け止めは、肌にきちんとついていないと意味がありません。

また、紫外線は曇っている日でも屋内でも肌に届いています。季節や天候などに関係なく、日焼け止めをつける習慣をつけてください。

なお、日焼け止めは、PA値の表示を見て「+」が多いものを選びましょう。PA値とは、毛穴の黒ずみを悪化させる紫外線の「UVA」を防ぐ度数です。

地表に届く紫外線はUVAとUVBの2種類ですが、このうち毛穴の黒ずみや肌の老化を進行させるのがUVAです。PA値の+が多いほどUVAを防ぐ効果も高いことになります。

日焼け止めをしっかりと落とすこと

そして1日の終わりには、日焼け止めをしっかりと落とすことが大切です。普段から洗顔がいい加減な人は毛穴の黒ずみができやすいですし、日焼け止めをつけると、さらに汚れなどが落ちにくくなって黒ずみが悪化します。

日焼け止めをこまめにつけると、毛穴の奥まで日焼け止めが入ります。これを完全に落とさないと、また毛穴の黒ずみの元になります。紫外線対策とは、日焼け止めをつけること、そしてそれをしっかりと落とすことの両方であると考えましょう。