正しい洗顔で毛穴の黒ずみ防止

毛穴の黒ずみをなくしたい女性は多いようです。顔の中では、鼻の周りが毛穴の黒ずみが最も目立つ部分ですが、これは皮脂分泌量が多いからです。

毛穴に詰まった皮脂が空気にさらされた状態で長いこと放置されていると、やがて黒ずみを生じます。さらにまた放置すると、シミや吹き出物を生じる可能性もあります。

では、毛穴に皮脂が詰まらせないためにはどうしたらよいのでしょうか。まず重要なのが洗顔で、メイクもしっかりと落とさなければいけません。

メイク落としは、拭き取りタイプのものは避けてください。便利なので使っている人も多いのですが、実際にはメイク汚れはほとんど落ちずに、毛穴の中に押しこめられています。

また、弱酸性の洗顔料も良くありません。弱酸性のものは鼻の汚れを落とすことができないからです。乾燥肌のため、どうしても弱酸性の洗顔料にしたいのであれば、鼻の周りには別の洗顔料を使いましょう。

はがすタイプの毛穴パックは要注意!

ただ、毛穴の黒ずみをなくしたいからと、ゴシゴシと力を入れて洗顔をすると皮膚が固くなってしまい、皮脂が出てこられなくなります。洗顔は優しいタッチで行ってください。

また、皮膚を固くしてしまう原因としては「はがすタイプの毛穴パック」もあります。これも使うのは止めましょう。

そして洗顔後のケアも大切です。5分ほどかけて、しっかりとローションを肌に浸みこませてください。100円玉大のローションを手のひらに出して、肌に叩きつけるようにすると効果的です。

毛穴の黒ずみは、メイクをきちんと落とさなかったり、洗顔がいい加減な人ほど出来やすいようです。毛穴の黒ずみを防ぐために、毎日の洗顔方法を工夫しましょう。