頬の毛穴汚れ対策

顔にほこりなどが付着したり、メイクの洗い残しなどがあると、頬の毛穴にも汚れが溜まります。毛穴の汚れというと鼻や額などのTゾーンを挙げる人が多いのですが、毛穴は顔中にあるので、当然ながら頬の毛穴についても対策が必要です。

毛穴の汚れが軽い場合には、朝晩の洗顔をきちんと行うことが最も大切なのですが、間違った方法で行っている人も少なくありません。まず、洗浄力が強すぎる洗顔料は避けてください。

また、毛穴の汚れをなくしたい一心でゴシゴシと洗うのもやめましょう。それと、よく指先で毛穴を押して角栓を絞り出すようにしている人もいますが、これもほんの少し汚れが取れるだけで、結局は毛穴が余計に開いてしまうことになります。

皮膚科に行くことも解決策のひとつ

もし毛穴の中で角栓が硬くなって汚れが取れない状態であれば、自分ではどうすることもできないでしょう。目安としては、1年ほど正しい洗顔などを行って改善しない場合には、皮膚科に行くことをお勧めします。

毛穴の汚れをなくすためには、皮膚科で古い角質を除去する「ケミカルピーリング」を受けるのも良いでしょう。また、レーザーやイオン導入の治療はコラーゲンの生成を促して、肌のターンオーバーを正常にします。さらに「圧出」で角栓を除去すると、すぐに毛穴の汚れがなくなります。

毛穴の汚れが進行すると、自分で行う対策では改善しなくなります。そのような状態にならないように普段から正しい洗顔を行って、常に毛穴を清潔に保ちましょう。